連絡先のご案内

夜間・緊急連絡先

04-7145-0121

診療時間のご案内

外来診察受付時間

平日
受付時間
午前8時30分~11時30分
午後13時30分~16時50分
※各種健康診断の受付時間は、上記記載時間とは異なりますので、 詳細はこちらからご確認ください。 診察開始時間
午前診察
午前9時~
午後診察
午後13時30分~
木曜日
受付時間
午前8時30分~11時30分
診察開始時間
午前診察
午前9時~
※木曜日は午前のみになります。
※婦人科は毎週木曜日は休診となります。
土曜日
受付時間
午前8時30分~11時30分
午後13時30分~14時50分
診察開始時間
午前診察
午前9時~
午後診察
午後13時30分~

休診日

・日曜・祝日
・年末年始
(12月31日午後~1月3日)

職員募集 プライバシーポリシー

リハビリテーション科

リハビリテーションとは

「リハビリテーション=機能回復訓練」というふうにとらえがちですが、本当はとても広い意味があります。「リハビリテーション(Rehabilitation)」は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。つまり、リハビリテーションとは単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションなのです。今までリハビリテーションとは、病気、怪我及び老化現象などさまざまな原因によって生じた心身の障害に対して、その障害が元の状態に戻るような訓練を行うことだと考えられがちでした。しかし現在のリハビリテーションでは、障害を治すだけではなく、障害を持った人が障害を持ったままでも、よりよい人生を送ることができるよう、支援を行っていくことが重要であると考えられています。リハビリテーションとは、今までの生活の中で、「できなくなってしまったこと」や「こんなことがしたい」という希望に対して、本人を支える人々やリハビリテーションによって、残された能力を最大限にひきだし、1人ひとりの人生にあった生活能力を獲得し、豊かな人生を送るようになることが大切なのです。それに加えて、予防の観点から、日頃から生活に運動を取り入れたりすることも、重要なリハビリテーションのひとつであると考えられています。

リハビリテーション受診の流れ

当院を受診し、医師がリハビリテーション処方箋を発行いたします。その後、医師・理学療法士などがリハビリテーション実施計画書を作成し、計画に沿って運動療法・物理療法等を実施していきます。当院では待ち時間を削減するために、運動療法を行う新規患者さま以外は予約制となっております。*物理療法は予約不要です。

主な内容

外来リハビリテーションでは、主に肩の痛み、骨折、変形性関節疾患の患者さまの治療や指導を行っています。入院リハビリテーションでは、主に脳卒中、骨折・脊椎系、呼吸器疾患の患者さまの治療や指導を行っています。

外来物理療法
・頸椎、腰椎牽引
・赤外線療法
・ホットパック

Copyright © 2014 OKADA HOSPITAL All Rights Reserved.